MENU

グリーンスムージーがファスティングに向いているワケとは!?

今はコールドプレスジュースで話題に良くなっているのがクレンズダイエットです。でも少し呼び名をかえたものが皆さんお馴染みの「ファスティングダイエット」ともいえます。本質的には同じですが、時代の流れで呼び名が変わるのも面白いですね!

 

まずファスティングとはどんな方法なのか?また、どんな効果があるの?

 

ファスティングは、「断食」と同じ意味で使われることもありますが、少し異なる点があります。ここではクレンズダイエットの方法も紹介しますので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

ファスティング

ファスティングとは、栄養をしっかり身体に与えつつ消化器官を休ませることによって、ダイエット効果や肩こりなどの生活習慣病などに絶大な効果があると言われています。
ですので「栄養の高い青汁や酵素、またスムージーなどで一定期間を過ごす」という方法が一般的とされています。

 

断食

断食は、もともと宗教的行為として始まったと言われていて、「水のみで一定期間を過ごす」というのが一般とされています。
現代日本では体調不良の際や病気の治療として勧められることもありますが、個人的なダイエットとして行うには少しハードルが高く、逆に貧血などを起こしてしまう可能性があります。

 

クレンズダイエット

クレンズダイエットとは、3日間の食事をコールドプレスジュースに置き換えるダイエット法です。
体内をクレンズ(洗浄)することが目的で、クレンズ期間中は、固形物やカフェイン、アルコール類を摂らないようにします。
9日間で行うダイエット法で、準備期間3日+クレンズ期間3日+復食期間3日で構成されます。
短期間で効果が得られるため、美意識の高いセレブや芸能人にとって定番の「短期集中ダイエット」のようです。

 

食事を一切摂らずに過ごすのが絶食。プチ断食(ファスティング)は絶食と違い、栄養価の高いドリンクを飲むことができます。しかし、基本的に固形物を口にすることはできないので、食いしん坊な人にとっては少々大変なダイエット方法。

 

ただ、短期間でのダイエット効果、腸内環境を整える効果もあり、便秘に悩む事が多い、女性を中心に人気の高いダイエット方法といえます。

 

最近では、酵素ドリンクによるプチ断食もブームになりましたよね。正しい方法で行えば、痩せられて体も元気になり美容と健康の両方のメリットがあります。プチ断食の定番ドリンクといえば酵素ドリンクですが、実はグリーンスムージーでもプチ断食ができるんです。しかも、グリーンスムージーなら低コストで始めることも可能! なので、一旦グリーンスムージーで初めて、合わなかったり、飽きてきたら違う方法にチャンレンジすることもできます。

 

それでは、グリーンスムージーでプチ断食する方が効果的な理由を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ファスティングにグリーンスムージーが向いているのはぜ!?

酵素ドリンクは何といってもとても高価で続けにくいのがデメリットでしょう。1日当たりのコストをグリーンスムージーと比較してみても

 

  • 酵素ドリンク…1日当たり600円〜1500円
  • 青汁…1日当たり80〜150円

 

と大きな差がありますね。

 

栄養価の高い緑黄色野菜から作られたグリーンスムージーは、ビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷりで抗酸化作用も嬉しい。断食期の栄養補給には申し分ない飲み物なんです。プチ断食には、酵素ドリンクと考える人も多いようですが、グリーンスムージーも栄養バランスに優れた飲み物であることから、プチ断食にはグリーンスムージーが始めやすいでしょう。

 

また青汁は、酵素ドリンクのような甘ったるさや独特の発酵臭がないのも良いところ。断食中は味覚が冴えるので、グリーンスムージーの自然な風味は身体にしみわたるように美味しく感じられるはずです。

 

 

ただし、グリーンスムージーでプチ断食する時に注意しないといけない点もあります。グリーンスムージーはコップ1杯50kcalと、かなりカロリーの低い飲み物です。

 

極端に摂取カロリーが低くなってしまうと、人によっては低血糖の症状(ふらつき、動悸など)が出る場合もあります。そこで最初は、半日か1日のプチ断食から始めるのが負担も少ないので良いでしょう。ほかにも、はちみつや黒糖で糖分を加えるといったアレンジをすれば、飽きずにプチ断食が続けられるでしょう。

 


このページの先頭へ